« 月一の楽しみ | トップページ | いつもと一味違う?昼ご飯 »

2017年7月23日 (日)

一凛続き

あまりの出てくるお料理の多さに半分のお料理は今日アップさせて頂きます。
品数は少なくなりましたが、一つ一つが吟味された八寸です。

上の段の渡り蟹の酢のジュレがけとウニの茶碗蒸しが特に美味しかったです。
小袖寿司は助手の関さんがご飯を丸く作った様です。綺麗に可愛く出来ていました。


ノドグロの焼き物はふわっと柔らかく、何時ものようにサツマイモのレモン煮は優しいお味でした。

この頃あまり出なかったなすの田楽。白味噌の時はなすの味がしっかりしている時でなすの出始めの時は桜味噌を使うとのことでした。柔らかいなすは油で調理されていると思いますが、少しも油こくなくどうして調理してあるのかなぁ?不思議でした。次回質問します。

ご飯は鱧の山椒焼きがついてきました。白米がとんでもなく美味しい!最後はご飯に鱧を乗せてお茶をかけてお茶漬けにして頂きました。



デザートのゼリーと葛餅。
本当に満足のお料理の数々でした。
夜は卵掛けご飯を8時頃食べました。

« 月一の楽しみ | トップページ | いつもと一味違う?昼ご飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596220/65569798

この記事へのトラックバック一覧です: 一凛続き:

« 月一の楽しみ | トップページ | いつもと一味違う?昼ご飯 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

レシピブログ