« 鯵でお寿司 | トップページ | イタリアの生ハム »

2017年6月19日 (月)

何のかんのと言っても

築地市場で買ってきたあじを三枚におろして塩をし、いつものようにピチットシートに挟んでおきました。

車海老も買ってきたので、フライにすることにしました。

Dsc05962_1024x683

サラダはじゃがいもとレタス、絹さやで作りました。材料がこれしかなかったのです。

レモンは広島産でちょっとお高かったのですが、とても良いものでみずみずしくぷっくりしていました。

海老は曲がらないように竹串を刺して揚げてみました。

ごはんは豆ご飯にしました。

Dsc05963_1024x683
一凜の橋本さんに教わったようにさやが枯れたようになっているグリンピースで作りました。

突然ですが私が考えた豆ご飯の作り方を紹介します。

綺麗に洗ってさやごと水から茹でます。沸騰しても1~2分茹で続けます。火からおろしたら昆布を5cmくらいのを一枚入れそのまま冷めるまで置いておきます。

ゆで汁が手を入れられるまで冷めたら豆をさやから出し豆は茹で汁に戻します。さやは捨てます。

洗ったお米に冷めたゆで汁だけ入れて、酒少々と2合のお米に対して塩小さじ1を入れ炊きます。

蒸らす時にゆでた豆(残ったゆで汁に漬けておいたほうが豆にシワがよりません)を入れます。

こうすると豆の香りも存分にしますし豆もぷっくり緑に仕上がります。

長々書きましたが豆ご飯の好きな方是非やってみてください。豆の硬さはお好みで。

Dsc05964_1024x683
タルタルソースも作りました。先日漬けたラッキョを使いました。もう食べることができました。

何のかんのと言っても新鮮で良い食材を使えば美味しいものが出来ますね。

最近の流通の発達、本当に私たち現代に暮らすものは幸せです。



« 鯵でお寿司 | トップページ | イタリアの生ハム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596220/65432707

この記事へのトラックバック一覧です: 何のかんのと言っても:

« 鯵でお寿司 | トップページ | イタリアの生ハム »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

レシピブログ