« 和食は手間がかかる? | トップページ | 年初め料理教室 »

2017年1月16日 (月)

一凜に伺いました

月に一度一凜に伺います。

いつ行っても期待を裏切らない、手を抜かないお料理の数々、素材も超一流です。

先付けは

Dsc05238_1024x683
わさび菜のお浸し。シャキシャキの歯ごたえと出汁の味がわさび菜の辛さを引き立てています。

次は鳥取の白魚の天ぷらでしたが写真を撮る前に食べてしまいました。

Dsc05240_1024x683ほたてしんじょとばち子のお椀です。この御汁の味は最高でした。素人では絶対出せない出汁の味だと思いました。

Dsc05241_1024x683
必ず鯛が出るのですが、今日は金目鯛とメジマグロでした。

どちらも魚独特の生臭さがなくこちらでお刺身をいただくとスーパーのお刺身が食べられなくなります。

Dsc05242_1024x683
鯖の小袖寿し。鯖寿司の苦手な人でも絶対食べられると思いました。

Dsc05243_1024x683

鴨と海老芋の治部煮?甘辛いお味でした。

Dsc05245_1024x683
石川で捕れたズワイガニ。その身の大きさにびっくりでした。

上品な甘さで今年の蟹はこれで良いという感じでした。

Dsc05246_1024x683
氷見のブリの照り焼きです。背の部分ですが脂がのってふんわり。皮も頂けました。

Dsc05247_1024x683
鯛茶漬けです。鯛は味噌味でした。お腹いっぱいでもサラサラ頂けました。わさびが鯛の味を引き立てていました。

Dsc05248_1024x683
椿餅。あんの上品な甘さが最後の締めにふさわしいデザートでした。

今日も満足の一凜の食事でした。











« 和食は手間がかかる? | トップページ | 年初め料理教室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596220/64772302

この記事へのトラックバック一覧です: 一凜に伺いました:

« 和食は手間がかかる? | トップページ | 年初め料理教室 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

レシピブログ